もっと見る

親と暮らせない子どもたちが
日本に45,000人いるのを知っていますか?

虐待通報が年間12万件を超えました。
こうした状況の中、様々な事情により親と暮らせない子どもたちは全国に45,000人います。
どうして一緒に暮らせないのか?
それは、虐待で保護されたり、親の病気や服役、経済的な理由など様々です。
実は死別などははほとんどありません。
この子たちの多くに産みの親や親権者がいます。
あなたが暮らす県にはどのくらいの子どもが保護されているでしょうか。

ABOUT 日本こども支援協会とは

虐待によって一人の命も失いたくない。
救われた子どもたちの未来も守りたい。
そして何より親子が親子で暮らせるように地域や国の様々な機関と連携し、
「子どもの最善」をアセスメントしながら活動している団体です。

  •  
    代表メッセージ
    代表理事の岩朝より、このサイトへたどり着いてくださった皆さまへのメッセージです。
  •  
    ビジョン
    全ての子どもは「愛される権利がある」。
    怯え、嘆き、自ら命を絶つような人生であってはならないのです。
  •  
    団体概要
    日本こども支援協会の概要、アクセスやメディア掲載情報を紹介します。

ACTIVITIES わたしたちの活動について

わたしたちは、児童養護施設や里親の支援、子育て支援事業、災害によって社会的養護が必要となった児童の支援、社会的養護などさまざまな活動を行っています。国内最大の啓発キャンペーン「10月4日里親の日One love全国一斉里親制度啓発キャンペーン」を実施しています。

詳しく見る

ACTION あなたにできること

「里親になることは出来ないけれど、子どもたちのために何かをしたい。」
子どもたちのために出来る事は直接里親になるという以外にも、あなたに出来る支援があります。
協会には次の3つの方法があります。

あなたに出来る事はたくさんあります。
そのスキルや支援が子どもの未来を変えるのです