NEWS & TOPICS

2018.06.20

代表ブログ

代表理事の里親日記

先日の父の日。

Kと私はだいぶ前から「どうする?」「何する?」

と、相談してきました(*´ω`*)

 

夫がたまに「鰻が食べたい」と言っているので

「鰻を食べに行こうか?」とKに言うと、K

「じゃぁ、江戸前行く?」と提案してきたので

「江戸前?(・_・?」 ん????と、飲み込めないでいると

「ほら、前に2人で行ったところ!鰻食べたお店!」と

前の話をしている様子。。。

「あぁ!あったね!確かに行ったね!

難波だったかな?何ヶ月か前に行ったね!」

 

すごーい!!!!

お店の名前覚えてたんだーーーー!!!

すごーい!!!

私は大興奮でスゴイを連発(

 

でも、確か普通に美味しい程度だったよね?(^^;(

違うお店にしようーー!(*´ω`*)と、私。

「じゃぁママ探して」というので

「予算は?」と聞くと

2万円までかなぁー」

、、、、、。

えっ?(+_+;?? なんて?

K:「パパの分、2万円までなら良いよ!」

私:「いやいやいや、そしたら家族で6万円の食事になっちゃうじゃん()

K:「あははは」

私:「じゃぁ、ママとKの分はママが払うから、Kはパパの分をご馳走してあげて

くださーーい( *´艸`)

K:「はーい!(^O^)/」

私:「じゃぁ、予算は?」

K:「2万円(´・ω・`)

私:「()

K:「()

私:「いつもおこずかい使いたがらないドケチなのに()

2万円あったら欲しがっている漫画本全部買えるよ?」

K:「パパには良いのー!(≧▽≦)漫画は買わない!()

私:「パパにはもったいなくないの?」

K:「うん!パパには使っても良いの。」

私:「パパ、Kのその言葉が一番のプレゼントだろうね(#^^#)

K:「(∀`*)エヘヘ」

 

という事で、、、

吟味して選んだのは、、、

『大阪うなぎ組』

 

う巻、ノンアルコールビールまでいただき

 

パパには特上のうな重、私とKは上うな重(#^^#)

鰻を待っている間、Kからパパに

お約束の「肩たたき券」笑

 

一枚ずつパパへの感謝の気持ちも書いてある。

スペシャル肩たたき券。

 

夫は2枚読み終えたところで急に片付けて

「アカン!アカン!外で読んだらアカンやつや!」と

おしぼりで目頭を押さえた。

 

Kがその様子を「パパは親バカだからね!」と言いながら

照れ笑いしている。。。

 

それを見て微笑む私。

 

 

会計の際に、「今日はKのご馳走です!」と

夫に告げると、、、

「ははは!うそやん!、、、、えっ!?うそやん!」

もう、うそやんしか出てこない夫()

驚いてる夫の顔を見ながらKが会計にお金を出す。

「うそやん!ホンマに!?」と言った後

「アカン!あぁー、、、アカン!」

 

夫は知っている。

Kがお小遣いを使わずに貯めていた事を。

漫画本もすごく欲しいのに頑なに買わずにいたことを。

「買ったらええやん」と言っていた夫。

でもKは「我慢する!」と言って絶対買わなかった。

 

夫はその理由をやっと理解した。

 

嬉し泣きする姿を動画で取っておいた()

 

 

帰りにK

「パパ、すごく喜んでくれたね(#^.^#)」と耳打ちすると

Kは「うん!」と満面の笑みで喜んでいた。

 

漫画本を買う事よりも父の日に出費する事を選んだK

 

この子は「大切なもの」を知っている。

 

こうやってたくさんの事を考えて、感じて

育んで言って欲しいなと思います。

 

里親であっても、血が繋がっていなくても

親として子どもの未来を案じたり、幸せを願うのは

みなさんと同じなのです。

 

 

すべての子ども達が里親や施設や実親、、、、

どこで暮らしていても

大きな安心感の中で愛情を感じながら

育って欲しいと心から願っています。

 

 

そして、そんな未来を目指すために

いま、永続的解決に向けた活動します。

 

傷ついた子ども達をケアしていきながら

そもそも傷つかないための予防策を講じていかないと

いつまで経っても「傷ついた子ども達」をケアしていく事になります。

 

本当の幸せってなんだろう?

 

一番は、「社会的養護」という言葉が無くなる事なんだと思います。

私たちの活動が必要のない社会を目指して参ります。

 

 

Kを抱きしめながら。

NEWS & TOPICS