FOSTER PARENTS SUPPORT PROJECTS

日本こども支援協会では、子どもだけではなく
「親も抱きしめる」活動をしています。
それは実親・里親どちらもです。里親制度を啓発していますが
【里親が必要のない社会】を目指し、子育て支援事業に取り組んでいます。

里親支援事業

里親のみなさんが安心して子どもと暮らせるように、協会がサポートします。
里親を支援する事は里親が養育している子どもの支援になります。

里親同士の交流促進

協会は里親会等の里親同士の交流の場をサポートしています。里親交流会にお茶菓子や絵本を持ち込んで、里親さんが参加しやすい、コミュニケーションを取りやすい場作りに取り組んでいます。 地域の里親同士がつながり、情報共有や相談が出来る環境によって、養育がずっと楽になります。

里親の相談支援

子どもの背景、発達の問題、実親との関わり、社会の理解、行政との関わりなど、里親には里親特有の悩みが存在します。養育の悩みを周りに相談できずに思い悩む里親が、全国に沢山います。 協会では、全国の里親から電話・メール相談をお受けしています。

子育て支援事業

協会では妊娠、出産、子育てもサポートしています。
産前・産後のサポートによって親子が分離されないように願っています。

母親の見守り・支援

精神的に不安定になりやすい妊娠期から母親を見守り、相談やアドバイス等の精神的支援を行います。
また、経済的不安を抱えている方には、おむつやベビーカーなど子育てに必要な物的支援で子育てをサポートしています。

妊娠相談

特に10代での妊娠など、誰にも相談できない悩みを持つ方のサポートに取り組んでいます。母親・子どもともに幸せな道を歩めるようにアドバイスや悩み相談を行い業務的な解決法ではなく、永続的解決に努めます。