NEWS & TOPICS

2018.04.11

理事ブログ

子どもが育つ魔法の言葉【黒河龍二】

【子どもが育つ魔法の言葉】

理事の黒河龍二です。

子どもにとって親や周りの人から伝える言葉や環境について考えさせられるド
ロシー・ロー・ノルトさんの詩をご紹介します。


『子どもたちは、
こうして生き方を学びます。

批判ばかり受けて育った子は、
人をけなすようになります。


いがみあう家庭で育った子は、
人と争うようになります。


恐れのある家庭で育った子は、
びくびくするようになります。


かわいそうだと哀れんで育てられた子は、
自分が哀れな人間だと思うようになります。

ひやかしを受けて育った子は、
はにかみ屋になります。


親が他人に対して嫉妬ばかりしていると、
子どもも人を羨むようになります。


侮辱したりけなしたりされて育った子は、
自分に自信を持てなくなります。


励まされて育った子は、
自信を持つようになります。


寛大な家庭で育った子は、
我慢することを学びます。


ほめられて育った子は、
感謝することを学びます。


心から受け入れられて育った子は、
愛することを学びます。


認められて育った子は、
自分が好きになります。


子どものなしとげたことを認めてあげれば、
目的を持つことの素晴らしさを学びます。


分かち合う家庭で育った子は、
思いやりを学びます。


正直な家庭で育った子は、
誠実であることの大切さを学びます。


公明正大な家庭で育った子は、
正義を学びます。


やさしさと、思いやりのある家庭で育った子は、
他人を尊敬することを学びます。


安心できる家庭で育った子は、
自らを信じ、人をも信じられるようになります。


和気あいあいとした家庭で育った子は、
この世の中はいいところだと思えるようになります。』

子どもたちが「この世の中はいいところだ」と思えるような社会を、
みんなが心を合わせて作り上げていきましょう。

NEWS & TOPICS