ABOUT

私たち日本こども支援協会は
子どもたちの人生を救うために
里親制度の啓発・支援と虐待防止に取り組んでいます。

MESSAGE ごあいさつ

こどもたちの人生を救うために。

こどもは自分で自分の命を守れません。
こどもは自分で自分の未来を守れません。

それが出来るのは私たち大人であり社会でしかないのです。

VISION つくりたい未来

『愛されるために生まれてきた』

全てのこどもは「愛される権利がある」。
怯え、嘆き、自ら命を絶つような人生であってはならないのです。

長い人生の、ほんの始まったばかりのところで既にこども達は
生き辛い人生へと押し出されて行こうとしています。
全てのこどもは平等で幸せになる権利があります。
私たちは何にも悪くないこどもに責任を押し付けたくありません。
こどもは無条件で愛されるべきです。
負の連鎖から引っ張り出して上げれるのは「OneLove」です。
1人1人の愛でいいのです。
こどもの未来を守りたい。守ってあげたい。
レ・ミゼラブルのような世界から引っ張り上げたいのです。

MISSION私たちの使命

虐待死、ゼロ。

虐待死として把握されているのは毎年、約50人前後。
その他、無理心中によって親から殺されるのも毎年、約50人前後。
この事件は「酷い親だなぁ」で片づけられません。
きっと、その命は社会が守れた命です。
希薄な人間関係や経済重視の社会が作ってしまった事件ではないでしょうか?

この年間約100人の尊い命と、その親と。 共に守りたい。
非難するのではなく抱きしめていく事が必要なのではないかと思います。