NEWS & TOPICS

2017.12.20

スタッフブログ

TSURUMIこどもホスピス訪問

TSURUMIこどもホスピス訪問

阪急百貨店のNPOフェアでご一緒させていただいた
TSURUMIこどもホスピスさんに行って参りました。


日本には、15万人いると言われる難病の子どものうち、
生命を脅かされる病気を伴う子ども
(Life-threatening conditions)の数は
2万人と言われています。


難病児の家族と地域住民が触れ合う交流の拠点として、
地域全体で難病の子どもとその家族を支える活動をされています。





TSURUMIこどもホスピス訪問

入った瞬間木の香りが感じられ
とても明るく、全てがオシャレ!!!

夜だったので昼間の全体はこのような感じです。

お風呂☆
濡れても大丈夫なストレッチャーが用意されていて
床でも洗えるようスペースを広く取っていたり、

お部屋☆
温もりが感じられ、
壁も家具も
全てにおいてこだわって作られておりました。

天井からハンモック等が釣れるようになっていたり
楽器があるお部屋があったり
ウォーターベッドが置いていたり
暗い中キラキラ光るセラピーのお部屋があったり

壁が磁石になっており、このように
マグネットを貼って壁一面に壁面製作ができたり、
子どももですが、
保育士も色んな遊びが思いつきそうな作りになっています。

普通のホスピスとは違い
医療機関ではなく、家族がくつろいで過ごせる場所です。

協会もそうですが、
今後の運営の費用をどう
作っていくのかが課題のようです。

HPはこちら