NEWS & TOPICS

2017.12.12

スタッフブログ

ソーシャル・カンパニー・フォーラム2017

ソーシャル・カンパニー・フォーラム2017

スタッフの吉本です。

経営実践研究会の
ソーシャル・カンパニー・フォーラム2017
に参加してきました。

今回は代表岩朝もプレゼンさせていただきました。

ソーシャル・カンパニー・フォーラム2017

経営者の皆さんだからこそ、
どう里親を啓発していけばいいのか、
私たちに教えて欲しいという言葉に


何かできることがあればと
協力的な方が多くいらっしゃいました。

社会問題を自分の事業を通して解決に導いていく
活動をしたいといった志を持った
素晴らしい人たちの集まりです。




基調講演の藤岡慎二さんの
お話が私にはとても心に残りました。

高校の魅力化×地域の活性化
に取り組まれています。

地域の高校が閉校してしまうと、
どういった問題が起こるのかを始め、
どうすれば島等地方にある高校が閉校にならずにすむのか
どうすれば地域の活性化に繋がるのか
大変わかりやすく
お話いただきました。

私自身地元愛の強い田舎で育っており、
妊娠した友人が次々と地元に帰ってきていることもあり、
とても身近な問題に感じました。



世の中沢山の問題がありますが、
自分にとって身近に感じなければ
どこか遠くの世界で起こっている出来事のように思い、
その問題に取り組もうという気持ちに
なかなかなりにくいと日々感じております。


私の場合
学生時代様々な家庭環境の下で暮らしている友人達が周りにおり
里親で育った友人がおり
施設で育った友人がおり
保育の授業でも習い
保育実習で施設に行き
実際に施設の職員として働き
といった数々の一番身近な問題であった為
今に至っているのですが…



日本に45000人と言われてもパッとしないけれど
近所に住む昔から知っている子どもが1人保護されたら
きっと皆さん少しは考えると思います。
あの子はこの先どうなるのだろうと。



社会的養護の子どもを身近に感じる、
里親を身近に感じるきっかけとして
皆さんにも
協会に出会っていただければと思います。



なかなかうまく言葉に表せず、
まとまりのない内容ですが…


皆さんアツい信念を持って活動されています。
最後に全体の集合写真で終わりたいと思います。