「産みたい」と考えているあなたへ

妊娠検診について

あなたと、お腹の中の子どもを守るためにとても大切なのが妊婦検診です。
目安として、妊娠23週までは4週間に1回
妊娠24週から35週までは2週間に1回以上
妊娠36週以後出産までは1週間に1回
無事に出産の日を迎えるために、定期的に健診を受けましょう。

お住まいの地域によって補助や受診券など、健診や出産費用のサポートが受けられます。

妊娠届出について

妊娠の届出は、病院や産科のクリニックにて妊娠が確定すると、産科医より妊娠を証明する「妊娠証明書」をもらえます。それをあなたのお住まいの市町村の役所窓口へ提出します。
妊娠届を提出すると「母子健康手帳」や「妊娠健診の費用を補助する券(妊婦検診14回分程度)」が発行されます。
※お住まいの地域によって金額やサービスは異なります。

出産をするといよいよ育児が始まります。
思った以上に大変で、このままでは子どもに手を挙げてしまいそう…
他に頼るところもない…

そんなときにはちょっと育児をお休みしてみてもいいかもしれません。
里親さんが里親家庭であなたが育てられるようになるまで代わりに子育てをしてくれる養育里親制度があります。
ほんの数日間だけでも利用はできます。

どうしようもなくなったとき
「そういえばそんな制度があったな」
ふと思い出せますように。

いつでもご相談ください。